展示会のブースの装飾は参加者の共同作業です

展示会のブースの装飾が、商いを決めるといいます。

他社との差別化がはかれるオリジナルなブース造りを目指すことが成約への第一歩です。



集客数は、本来の目的ではありません。


人が集まるにはいろいろな要素があります。

好奇心をくすぐる、集客できるスタッフ(スポーツ選手、芸能人)を集めるのもひとつの方法です。

パッケージブースより安く仕上げたい。

自社に必要な備品だけ手配してコストを下げたい。リース部材を組み合わせてブース装飾を作りたい。

そんな要望に応えることが運営会社の力量です。

少し強引にでも、展示会のコンセプトを変えていくことが必要です。



展示会ブースは、どちらかというと装飾のきらびやかさを競うのか、個性を主張して来場者を初ユーザーにすることに徹するのか迷うところです。
他社との差別化は、陳腐なアイデアからはうまれません。
ネットを通した情報は、細部に気配りをしないとあらさがしをされます。集客を集めているブースには、それなりの工夫が施されているに違いありません。展示会ブースの装飾を通じて、企業発展の支援と社会貢献を実現することにあることを、参加者が共通認識しておく必要があります。展示会参加者の声として、次のような指摘があります。


スタッフが、迅速丁寧に対応してくれたことが成功につながります。

関わるたくさんの方々の力で成功させてもらったことを、改めて実感します。


装飾により来店者の目をひくことができ、代理店からも好評でした。



おかげさまで名刺を交わした人数も増加しました。

事業が気になる方

展示会の会場で、新たな商品の概念や新規性をよりわかりやすく来訪者に伝えるために、動画を制作してその映像を流す場合があります。この動画はふつうデザイン会社に依頼します。...

more

身になる知識

いろいろな展示会を見る機会がある人は、そのデザインがどのような役割を持っているか理解しているでしょうか。実際の展示会場ではそこに掲示される商品や製品の内容をできるだけ表現したいと考えてデザインを考えていることでしょう。...

more

ためになる情報

展示会の担当す者は、日頃から展示会において自分のところの会社の展示について奔走するばかりでなく、周囲のライバル会社の展示ブースについてその動向や特徴も含めて観察し、そこから学習することが大切です。また、他業種の展示会についても、なるべく参加してみて、目を引くブースや演出に着目して、場合によってはそのデザインや演出を行っている業者について調べたり、マークしておいたりすることもときとしては必要です。...

more

事業関係の情報

企業が自社製品のPR等のため、展示会に出展することは往々にしてあります。その場合、自社に限らず、関連する企業も数多く展示会に出展するのが通例であり、いかにして自社ブースに来場者を呼び込むかが重要です。...

more