離婚弁護士ならここにすべき

弁護士に離婚問題の慰謝料の相談ができます

離婚を検討しているときには、相手方に慰謝料の請求をしたいと考えている人も多いでしょう。

慰謝料の請求に関して当事者同士の話し合いで解決できないときには、専門家である弁護士に相談できます。慰謝料の請求が可能な離婚原因としては、浮気や不倫、DV、モラルハラスメント、生活費を貰えないこと、理由がないのに同居を拒否すること、セックスレスであることなどが挙げられます。相手方の不当な行為が原因で離婚を行うときの慰謝料の相場は、100~300万円と言われています。

相手が浮気や不倫をしたときには慰謝料を請求することが可能で、1回だけの性行為や1回だけの風俗に通うという行為だけでは、請求することが難しい場合があります。事案ごとにどのような請求が可能なのか変わってきますので、具体的な相談については弁護士に行うことがおすすめです。

高額な慰謝料の請求を行うためには、相手方の離婚や浮気が継続的な関係であることが必要になります。相手の言動や子どもが精神的または肉体的な苦痛を受けたときも、慰謝料の請求ができます。身体的な暴力を受けるという行為以外でも、言葉による精神的な暴力についても、程度によって慰謝料が発生します。

夫婦の同居義務や助け合う義務を違反することを悪意の遺棄といい、夫が妻に生活費を渡さない行為も含まれます。悪意の遺棄が認められるかどうか気になる点があるときには、弁護士に相談することで判断してもらうことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *