離婚弁護士ならここにすべき

弁護士に離婚問題を依頼したときにかかる費用の種類

離婚したいと思ったときは、相手方に離婚を請求されたときには、弁護士に手続きの依頼を行えます。

離婚問題について依頼をしたときには、相談料と着手金、報酬、日当、消費税、実費がかかります。離婚事件を弁護士に正式に依頼をする前に、法律事務所を訪れて相談を行うことになります。

自分が抱えている状況を説明をして、今後どのような流れで離婚の手続きを進めていくべきかを相談します。法律事務所によって相談料を無料にしているところも増えていますが、無料に料金を設定していない法律事務所の場合には相談料が発生します。

弁護士に正式に依頼をしたときには、着手金を支払います。事件処理の結果に不満があった場合であったり、依頼者が途中で解任したときであっても、原則的に支払った着手金は戻ってくることはありません。成功報酬は事件が終了したときに支払う費用で、報酬の他、相手方から得られた経済的利益に関して報酬がかかります。

慰謝料などを相手方から得られる手続きを成立させたときには、報酬を支払うことになります。弁護士が法律事務所を離れて事件に担当したときに、支払う費用が日当になります。相手方のところに交渉に行ったり、裁判所に出頭するなどによって日当が発生します。

直接的な弁護士費用ではありませんが、法律事務所を離れて移動を行ったときの交通費や、依頼者や相手方に対して郵便物を発送したときにかかる費用などは、実費として後で支払います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *