離婚弁護士ならここにすべき

離婚問題を弁護士に相談するときの質問するべきこと

離婚がうまく合意に至らないときや、慰謝料の問題などが生じているときには、法律のプロである弁護士に相談したいと感じている人もいるでしょう。

弁護士の法律相談を有意義なものとなるためには、離婚問題として感情的な相談になるのではなく、法律的な事案に絞って相談を進めることが大切です。離婚が成立していないときに、どうしても離婚したいと考えている場合には、離婚できるかどうかについて相談することが可能です。

離婚原因によって、最終的に離婚が成立するかどうかの見通しが決まりますので、弁護士への法律相談のときには原因についてしっかりと説明することが大切です。お金の問題については婚姻費用、財産分与、離婚の慰謝料、養育費などに分けることができます。別居をしていて相手方から生活費を貰っていないときには、収入の低いほうから高いほうに対して、離婚までの生活費を婚姻費用という形で請求することが可能です。

離婚をするにあたっては、夫婦が共同で築き上げてきた財産を半分に分ける権利がありますので、財産分与を行うことになります。相手方に不倫などの不貞行為があるという理由で離婚するときには、慰謝料の請求を行うことが可能ですし、子どもがいるときに親権者になる側のほうは、離婚をした後に子どもを育てるための養育費を支払ってもらうことができます。これらのお金の問題に関しては、弁護士に相談するときに具体的な見込み額について質問することがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *