離婚弁護士ならここにすべき

離婚の際の婚姻費用や慰謝料の相談を弁護士にできます

離婚したいと考えているときには、その後の生活の面において経済的な自立を図っておくことが大切です。

離婚したい場合であってもその後の生活を考えたときに、経済的な理由で離婚ができない人もいます。離婚する前には別居することになりますが、別居するためには引っ越し費用や生活費、敷金礼金などの費用がかかります。

これらの費用については100万円ほどの額が目安となりますが、それは相手方からの慰謝料で計算している人もいるかもしれません。しかし、離婚の慰謝料は離婚した後でなければ貰うことができませんし、離婚すれば必ず慰謝料を貰えるというものでもありません。

夫には妻の生活の面倒を見る扶養義務が存在していますので、別居してから離婚が成立するまでの期間の生活費は、婚姻費用として分担請求を行うことができます。婚姻費用に関しては必ず貰うことが可能なお金となりますので、別居したときには早めに請求する必要があります。

具体的な金額については、家庭裁判所が定めている基準に基づいて決まることになります。婚姻費用を支払ってもらえないときには、弁護士に相談することも解決方法となります。離婚の原因が相手方のDVや不倫であるときには、慰謝料を請求できますので弁護士に相談することが可能です。

ただし、離婚原因が性格の不一致のような場合には、相手方に対して慰謝料を請求することはできません。どのような理由のときに慰謝料が発生するのかについても、弁護士に相談して聞いておくことがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *