離婚弁護士ならここにすべき

離婚問題を弁護士に相談するメリットについて

離婚を行うときには、離婚が合意に至るかどうかだけではなく、夫婦の共同財産や子どもの親権の問題、親権を得られなかった親と子どもの面会はどうするのかなどの複雑な問題が発生します。

このような複雑な問題を一体的に解決していく必要がありますので、離婚問題がこじれてしまったときには、弁護士に依頼することができます。弁護士に離婚問題についての相談をするときには、様々な問題に精通している弁護士を選択することが大切です。

離婚したいと思ったときに、最初に始めるものが交渉となります。離婚したいと感じている相手方と直接的に話し合いを行うことは、大きなストレスを伴うものとなります。冷静に話し合いを進めて行けないことも十分に考えられますので、弁護士に依頼することによって、相手方との交渉をしてもらうことが可能となり、話がまとまったときの合意書などの書類の作成の手続きを、全て任せることができるメリットもあります。

話し合いによって離婚の合意が得られないときには、家庭裁判所において話し合いの手続きとしての調停を行う場合もあります。調停は話し合いですが、裁判所の手続きということで、開始するためには申立書の作成をしなければなりませんし、手続きを進行していくために証拠書類の提出や主張について書面にして提出する必要があります。

平日の昼間に調停のために数時間にわたって、裁判所に出向く必要がありますし、裁判になったときに調停の内容は大きく影響します。調停の処理についても弁護士に依頼することが可能で、裁判に進展することを見越して申立書の作成や主張の代弁をしてもらうことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *