離婚弁護士ならここにすべき

弁護士に離婚問題を依頼したときのメリット

離婚が夫婦間で合意されれば問題ないですが、慰謝料や子どもの親権などの問題があるときには弁護士に相談することができます。

離婚事件について弁護士に依頼したときのメリットとしては、基本的な手続きについて全てを代行してもらうことができます。離婚問題について相手方と会話をすることや、書類の作成に時間を取られることがなくなります。問題が発展して調停や訴訟になったときにも、出頭を弁護士に任せることができます。

専門家に依頼する最大のメリットとしては、法律的な知識や過去の裁判例に基づいた知識を提供してもらえます。訴訟に発展することが考えられるときには、証拠に基づいた法的な主張を行う必要がありますので、専門家の法的な知識が役に立ちます。交渉や調停の段階であっても、内容をよく理解できないままに相手の言い分を飲んでしまうと、後になって法律的に取り返しがつかないケースもあります。

弁護士に相談しておくことによって、後になって取り返しのつかない事態になることを防ぐことが可能になります。離婚は相手方との合意で行うものですので、専門家の先生に依頼することによって相手に対して強い意思があることを伝えられます。

離婚事件の交渉や調停において、専門家に依頼しない人もいますが、あえて専門家に相談する人は事件を早く解決したいと思っていることや、確固たる意思がある場合に多いと言えます。

弁護士に依頼することで生じるものとしては、費用のことを把握しておく必要があります。着手金としては20~50万円ほど、事件が終了したときの報酬としても20~50万円ほど支払うことが相場と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *