離婚弁護士ならここにすべき

弁護士に離婚問題を依頼するメリットとデメリット

離婚問題で悩んでいる人がいると思いますが、専門家として弁護士に依頼することで、全ての手続きを任せることが可能になります。

手続き面において代行してもらえる点の他に、過去の裁判例や法律に基づいて弁護士が持っている知識や経験を活かして貰えるメリットもあります。離婚については訴訟に発展する可能性もありますので、証拠に基づいた法律的な主張を尽くす必要があり、それによって裁判官が判断を下します。弁護士に依頼をしておくことで、法的な知識や経験による手助けを受けられることになります。

相手方との話し合いや調停でも、内容をよく理解できないままに相手方の言い分をのんでしまうことが多くみられますが、法律的に取り返しがつかなくなることも珍しくありません。弁護士に依頼をしておくことで、取り返しの付かない事態を回避できるメリットがあります。

離婚事件に関しては、交渉や調停で専門家に依頼しない当事者もいますが、あえて専門家に相談をして手続きを進めるということで、離婚をしたいという固い意思を示すことに繋げられます。弁護士に離婚問題を依頼する点でのデメリットとしては、費用がかかってしまう点と言えます。

依頼を行うためには着手金として20~50万円ほど、事件が終了した後に支払うべき成功報酬としては20~50万円ほどかかる法律事務所が多いです。着手金と報酬以外にも、交通費や印紙代、遠方地域に出張しなければならなくなったときには、日当がかかることも考えられますので、事前に相談の際にどの程度の費用がかかるのか目安の金額を聞いておくことも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *