離婚弁護士ならここにすべき

子どもを連れて離婚するなら弁護士に相談を

離婚は男女の問題ですが、子どもがいるなら話は別です。

離婚の影響は、もしかすると子どもがもっとも受けるかもしれないからです。大人の勝手な都合で、子どもの人生に狂いが生じてしまうのは悲しいことです。離婚しても子どもの人生に大きな影響が及ばないようにするのは、父として、母としての最低限の責任といえます。

ただ現実は残念ながら厳しいものとなっています。離婚の際に話し合っていても、養育費が支払われなくなったりするのはよくあることです。そもそも離婚の条件として、子どもを手放す代わりに養育費や慰謝料は支払わないとしている場合もあり、子どもを連れて離婚する側にとっては不利な状況になっていることも多いのです。

そこで子どもを連れて離婚するのであれば、弁護士にまず相談しておきましょう。子どもを育てる責任は、離婚しても逃れることができないのが当たり前です。養育費や慰謝料などの取り決めは、弁護士の力を借りて法的な効力を持つ仕組みを整えておく必要があります。

法的な効力の無い当事者同士の話し合いで決められたことは、時間がたてば守られなくなる可能性が高いのが現状です。特に年齢を重ねると自分の人生が不安になってくるらしく、養育費も支払っていないのに子どもとの面会を求めてくるケースも多々あります。

このようなことを避けるためにも、まず離婚する段階で弁護士に相談し、裁判になっても大丈夫なほど効力のある取り決めを定めておくことが重要になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *