離婚弁護士ならここにすべき

離婚問題を弁護士に依頼するときの費用

離婚問題を弁護士に依頼する場合の費用には、大きく分けて着手金、成功報酬の2つがあります。

着手金については、20万円から50万円程度が相場になっているようです。離婚調停では解決ができず、裁判に発展した場合にはさらに追加で費用がかかります。離婚をするときには、慰謝料、養育費、子供の親権、財産分与、年金分割、面会交流権なども問題になります。離婚の成立だけでなく、慰謝料などについても争う場合には、成功報酬や追加費用がかかります。

例えば、慰謝料なら増額された金額の10%を成功報酬として支払うというようになっています。養育費については弁護士によって大きく報酬が変わってくることがあります。養育費は子供の権利なので一切報酬はもらわないという弁護士も存在します。

2年分だけを経済的利益として計算して、2年分の養育費の10%を報酬として受け取るというところも多いようです。10年分を経済的利益として計算するというケースもあり、その場合にはかなり報酬が高額になるでしょう。

子供の親権、面会交流権について争う場合にも、追加費用がかかることがあります。すべての問題について弁護士に依頼をしてしまうと、総額で100万円を超えることもめずらしくありません。

夫婦間での話し合いで解決できるものについては、自分たちで解決してしまったほうがよいでしょう。争いがある部分だけを弁護士に依頼をするというのがポイントです。相談だけならば初回は無料、無料相談の後は1時間当たり5000円程度がかかるというところが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *