離婚弁護士ならここにすべき

相続問題には弁護士を

人は死ぬと、その人の財産は相続人に相続されることになります。

相続の対象となるのは、その親族ですが、時としてこの相続が親族間の不和を招くことになります。そのような問題が発生する前、または発生してしまった場合には弁護士に依頼して問題を未然に防ぐまたは解決を図ることができます。このさい弁護士といっても、特に相続や財産分割に強い弁護士を選ぶ必要があります。未然にトラブルを防ぐ方法としては、遺言書を用意することです。

これにより多くの場合には、深刻な亀裂が生まれるのを防ぐことが可能です。ただし遺言書もルールに沿って作成しなければ効果がありません。もっとも簡単な遺言書は本人が直筆で書き日付と署名、捺印を行っておけば、その効力を発揮することができます。ただし、遺言書を執行するのは保管者であり、また家庭裁判所にて検認を行わなければなりません。

そのため、親族よりも弁護士などに付託しておくと滞り無く取り計らってくれます。また、問題が発生したあとも専門の弁護士であれば、法律に則った解決策を提案、また実行してくれます。特に受け継げるものが良い遺産ばかりとは限りません。負の遺産も引き継ぐ場合にはどのようにすれば良いのかもアドバイスしてくれます。また受け継げだものが不動産の場合には税金対策も行わなければいけませんし、権利を得るために登記の名義変更なども行わなければなりません。これらの作業も考えると専門家に依頼しておくのが無難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *