離婚弁護士ならここにすべき

相続の際の手続きは弁護士に依頼を

亡くなった人からの財産の相続にあたっては、「民法」という法律の規定にしたがい、「法定相続分」といって、親族の人数や亡くなった人との関係に応じて、公平に配分されるというのが基本です。

しかし、実際の遺産は現金のようにわかりやすく分割できるものばかりではなく、土地、建物や自動車、株券、骨董品など、種類が多岐にわたることがほとんどであるため、相続人とされている人全員が集まって話し合いをし、その内容に合意することによって成立する「遺産分割協議」という手段で、誰がどのような遺産を手にするのかを決定することがほとんどです。

こうした手続きについては、後日の証拠として「遺産分割協議書」という書類を作成して、協議に参加した人全員が署名捺印をすることが大切です。この書類は法務局で不動産の所有権移転登記をしたり、運輸支局で自動車の名義変更をするなどの公的な手続きの際にも必要となります。逆に、こうした証拠書類がない場合には、せっかく協議したとしても登記などの後日の手続きが受理されないというおそれも出てきます。

もっとも、相続というのは人生で何度もある事柄ではありませんので、法律のしろうとにとっては個人ですべて行うというのは難しいものがあります。そうしたときには地域の弁護士事務所などに相談して依頼をすれば、手続きを代わって行ってくれますので安心です。弁護士といえば裁判のときだけ活躍するようなイメージがありますが、実際には法律に関わる事柄全般を取り仕切っているため、こうした相続の手続きをはじめ、離婚や借金、不動産のトラブルなどのかなり身近な問題であっても、弁護士事務所に行けば引き受けてもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *