離婚弁護士ならここにすべき

B型肝炎と法律事務所との関わり

B型肝炎のような感染症と法律事務所というのは、一見するとまったく関係がなさそうですが、実はインターネット上のウェブサイトにこうした文字を掲げている法律事務所は多くなっています。

B型肝炎というのは、B型肝炎ウイルスに感染したことが原因となる病気で、一過性で終わることもありますが、慢性化すると食欲不振や全身の倦怠感、横断などの症状があらわれ、肝がんや肝硬変にまで発展することがあります。以前はB型肝炎についても、子供のころに学校などで集団予防接種が行われており、このときの注射器の不衛生な使い回しが原因となって、不幸にしてB型肝炎を発症したという人が増えているのです。

ウイルスには潜伏期間とよばれる、症状が自覚されない期間がありますので、B型肝炎が慢性化してしまった人たちは、まさに今、過酷な症状に苦しんでいるのです。その結果として、国を相手取った損害賠償裁判が患者たちによって提起され、裁判で国の責任が確定したことから、国がこうした患者に給付金を支給する制度が創設されました。

ただし、この給付金を受け取るためには、いったん裁判を提起したのち、国と和解をするというプロセスをとることになりますので、法律の知識のない人がみずから行うのには、さまざまな困難がつきまとっています。このようなことから、法律事務所にいったん相談の上で、所属する弁護士が請求関係の手続きを代行するという方式が一般的となっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *