離婚弁護士ならここにすべき

交通事故の示談における法律事務所のメリット

日常的に起こりがちなトラブルにはさまざまなものがありますが、交通事故の損害賠償をめぐるトラブルなどは、その代表的な事例といえるでしょう。

もしも運悪く交通事故の被害者となってしまった場合、加害者側から提示される示談金は、民事裁判になったときに得られるはずの損害賠償金よりも、きわめて少ない金額にとどまっている可能性があります。これは、裁判で損害賠償の基準とされる金額よりも低い、保険会社が独自に定めた社内基準や、自賠責保険とよばれる最低限度の補償をする保険金の基準を用いて計算しているためです。

このような場合、法律事務所に相談をすれば、裁判でさらに増額を勝ち取ることも、また判決まではいかなくとも、示談交渉のなかで相手から有利な条件を引き出すこともできます。また、そもそも交通事故の示談のように、法律にかかわることがらを他人にかわって業務として行うことは、法律事務所の弁護士などの一部の有資格者にしか認められていません。

これは、専門知識ももたずに勝手に示談交渉をして、法外な委託金額を巻き上げるような悪徳業者を排除するためにも必要な規制であり、弁護士法などの法律の条文が根拠となっているものです。もし弁護士に依頼しないとすれば、めんどうな手続きをすべて本人が解決しなければならなくなりますが、現実問題として、それにはかなりの困難をともなっていることから、弁護士を擁する法律事務所への相談と依頼が望まれるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *