離婚弁護士ならここにすべき

離婚カウンセラーの必要性

離婚の増加に伴って、注目を浴びるようになった職業の一つが離婚カウンセラーです。

しかし、離婚においてなんらかの問題が起きた時に相談をするのは弁護士であり、カウンセラーに相談をする必要性があるのかと疑問に思う方もいるはずです。もともと日本ではあまりカウンセリングというものに馴染みがなく、昨今になって利用者が増えてきているような職業ですので、カウンセラーといわれてもピンとこないのは仕方がありません。カウンセリングでどのようなことをするのかというと、ただ悩み相談をするだけと思う方もいるかもしれませんが、実際にはそれだけではなく、相談者の気持ちを汲みながら状況判断を行い、この先、どのように行動したらよいのか、どういう考え方をしていけばいいのかというアドバイスをして問題解決のサポートをしていくのです。

一旦、離婚を決めたものの本当にそれでよかったのか、他の選択肢はなかったのかなどと後悔や不安を持つ方は少なくありません。そうした時に近くの知人に悩み相談をしても、話を聞いてもらうことはできても的確なアドバイスを受けることは難しいでしょう。

このような時に頼りになるのが離婚カウンセラーなのです。カウンセラーは専門的な知識やこれまでの経験に基づいた情報を持っている専門家ですので、メリットやデメリット、それまでの流れ、その後の生活、どのような時に弁護士などの手を借りればよいのかということなど、不安に思うことの全てを受け止めて解決する手助けをしてくれるはずです。ただでさえ不安が多くなることですので、こうしたサポートをしてくれる存在は重要といえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *