展示会出展にあたってのデザインの重要性

企業が自社製品のPR等のため、展示会に出展することは往々にしてあります。

その場合、自社に限らず、関連する企業も数多く展示会に出展するのが通例であり、いかにして自社ブースに来場者を呼び込むかが重要です。
来場者を呼び込むためには、事前にダイレクトメールなどをお客様に送り、出展ブースに来ていただくことも大切ですが、他の企業ブースに向かうお客様や、特に向かう先が決まっていない来場者を自社に呼び込むためには、ブースのデザイン力が大きくものを言います。

デザインと言っても、正確にはインテリアデザイン・グラフィックデザインの双方を指し、ブース内の装飾や製品のレイアウト・人の配置など、如何にしてお客様にアピールできるものにするかという視点です。



また、グラフィックの面からは展示会場の共同掲示板などに、自社を強力に印象付けるポスターなどを掲示し、自社ブースへ呼びこむという作戦が立てられます。
展示会の場合、人の流れというものがあり、抽選などで運よく流れに乗った場所に展示できればよいのですが、なかなかうまくいかないのが現実というものです。広告代理店などにブースのデザインを依頼する場合、どうしても無難なレイアウトになりがちです。


及第点が取れればよいという発想に立っているからと思われます。こういう場合は、デザイナーにすべてを委ね、斬新で過去に例を見ないような発想で出展ブースを盛り上げるのも効果的です。
他の企業と同じことをしていたのでは目立ちませんし、製品のPRにもなりません。

日本経済新聞に関する情報満載のサイトです。

デザイナーを活用したブースで、他社をあっと言わせるようなブースの制作・これまでにない集客を目指し、展示会を成功させたいものです。