注目される展示会デザインとは

展示会の担当す者は、日頃から展示会において自分のところの会社の展示について奔走するばかりでなく、周囲のライバル会社の展示ブースについてその動向や特徴も含めて観察し、そこから学習することが大切です。
また、他業種の展示会についても、なるべく参加してみて、目を引くブースや演出に着目して、場合によってはそのデザインや演出を行っている業者について調べたり、マークしておいたりすることもときとしては必要です。
そして自分たちの次の新商品の展示について、それらの良いところを取り入れたり、アイデアを昇華させてよりよいものを目指すようにします。



盛況な展示ブースにはどのような要素があるのか、人々が満足そうにその場を離れるところには何があるのか、その要素を探るようにします。
そこから新たなヒントが生まれてくることでしょう。


必ずしも人まねをするのではなく、そこから別の切り口を見出すような態度が必要になります。

こうして絶えず新しい視点を求めて、これらの催しは開かれます。


したがって、そこに参加を続けることでトレンドの展示手法とはどのようなものかが見えてくることになります。

Yahoo!ニュースの分かりやすい情報はこちらです。

そのように展示会に接することで、デザインに関する客観的な目が養われ、商品ごとの展示の在り方や方向性が見えやすくなると考えることができます。それだけ展示会に関して情報を蓄積して、より自分たちのものとして「使える」要素やデザインの手法を知ることができます。