動画を使用した展示会のデザインについて

展示会の会場で、新たな商品の概念や新規性をよりわかりやすく来訪者に伝えるために、動画を制作してその映像を流す場合があります。

この動画はふつうデザイン会社に依頼します。商品に合わせて的確な動画が必要ですから、その宣伝効果に見合う映像制作をしてもらう必要があります。

また、展示会のブースの形や位置に合わせてモニターや映像を見る場所の確保などの手配が必要です。



その部分を確保することと映像と関係する商品の配置場所なども重要になります。

そしてその映像を流すための電源の確保さらに周囲の明るさはどうかなど様々な条件を確認しておく必要がある場合があります。
さらに映像にどのような情報を織り込むのか、長さはどうするか、こういった条件はデザインする会社に条件を伝えて、その通りに作ってもらうようにします。

YOMIURI ONLINEの情報はすぐに役立ちます。

場合によっては提案されることもあるはずです。


十分な検討と討議を経て、映像とそれに伴う音声の原稿を作ります。


音楽や効果音なども適宜盛り込むことになります。
展示会を訪れる人々はじっとしていることは稀です。したがって短時間しかとどまってくれないはずです。



したがって長い映像はあまり見てもらえない可能性もあります。端的に短い言葉やフレーズが来訪者を捉える可能性があります。

したがって同時に流す音声に含まれるこうした言葉やフレーズには細心の注意を払い、来訪者に関心を持ってもらい、引き付ける部分をちりばめるようにデザインします。